横浜に来たら絶対に走ってほしい!観光ランニングコース

2019年3月16日

横浜観光ランニングコース

ジンボ(@jinbo55)です。

自宅からのランニングに飽きてしまい、ついに憧れのみなとみらいランを決行しました!

ベイサイドは風が強かったけれど、天気も良くて気持ちよく走ることができました✨

横浜に出張や観光で来たランナーの皆さんに、ぜひ走ってほしいなと思ったコースだったので共有します😀

横浜観光ランニングコース

コースのポイントとしては、みなとみらいベイエリア・赤レンガ倉庫・横浜大さん橋・山下公園・みなとみらいタウンエリアを巡る、皆さんが思い描く「ザ・横浜」を堪能できます。しかも、意外と歴史に触れられる、味わい深いコースなのです。

人の少ない道も選定していますので、女性一人の夜間ランニングは避けた方が良さそうです😨

天気の良い日は、めちゃめちゃ気持ち良いですよ!

ゆっくりと確認できるように、Google My Mapでコースを作成しましたので活用してください。

ランステ・スタート地点のトイレ・水の調達場所

現在、横浜駅周辺はランステはありません。

横浜駅東口にアソビルが2019年3月15日に開業します。

問い合わせをしたところ、屋上のマルチスポーツコートではランステサービスを準備中だそうです。サービス開始したら、すぐに汗が流せるのは魅力的ですね。楽しみ。

スカイビルにあるスカイスパでは、一見さんはランステ利用はできません。ジョグスパというプログラムに参加すると、以降はランステ利用が可能になるそうです。

《横浜駅周辺のランニングステーション》

《トイレ・水分調達》

横浜駅東口にあるスカイビルの1Fに、ローソンとトイレがあります。

スタート地点である、横浜三井ビルの1Fにもファミリーマートとトイレがあります。

走り始めると、時間帯によっては山下公園までトイレはありませんので、できれば事前に済ませておいた方がよいでしょう🚾

ローソン・ファミリーマートともに、イートインが設置されています。

いざ、ランニングスタート!(横浜駅東口~臨港パーク)

三井ビルディング・原鉄道模型博物館

スタートは、横浜駅東口にある、横浜三井ビルディングから。

原鉄道模型博物館が同じビルにあり、金色の銅像(?)の脇を走っていきます。

日産グローバル本社裏

川沿いを海に向かって走ります。

朝早いこともあり、人がいなくて静かです。

日産グローバル本社の裏を通るのですが、昼間の時間帯に余裕があったら、グローバルギャラリーに立ち寄るのも良いですね。

ベイクォーター対岸

対岸にはベイクォーターが見えます。ベイクォーターの隣には高級タワーマンション💰

以前、知り合いにMLMの説明会で連れてこられたマンションで、入り口にコンシェルジュがいて、エントランスには豪華なソファーが並んでいた記憶があります。「お前と一緒に成功したいんだ!」と熱く語られたホロ苦い思い出。

しばらく走ると、線路が見えてきます。

この線路はJR貨物の高島線で、みなとみらいから地下に潜り、根岸まで続いている路線です。

この高島線含む横浜ベイエリアの貨物線は、様々な歴史があります。この辺りの歴史に思いを馳せつつ、ランニングも良いですね。(GetNavi web:横浜の湾岸を走る貨物線「JR高島線」の花形路線時代の面影をたどる旅)

富士ゼロックスR&Dスクエア

高島線を越える陸橋を渡って、道なりに走ると、右側に富士ゼロックスR&Dスクエアと、2019年夏に移転するアンパンマンミュージアムが見えてきます。移転すると常設になる模様。

この先の信号を左折して、まっすぐ走ると臨港パークに到着します☀

臨港パーク

走るのは太陽が出ている時間がおすすめですが、カップルで夜に訪れるのも、夜景が綺麗なのでおすすめです。甘い青春時代の思い出が蘇ります…

この公園はよくドラマの撮影でも使用しているので、「あ!見た事ある風景!」と思う人も多いかも知れません😎

臨港パーク

真っ直ぐ突き当りまで走ると、シーバス乗り場が見えてきますので、右折してホテル沿いに走ります。

臨港パーク

しばらく走ると高架が見えてくるので、ここで右折してすぐ目の前にある階段を登って左に進みます。

この場所でトンネルを直進すると、日本丸方面へ進むことができます。

臨港パーク~横浜赤レンガ倉庫

階段を登って左折すると、右側にコスモワールドがあり、橋を渡ってすぐに横浜みなとみらい万葉倶楽部が見えてきます。

万葉倶楽部の手前に林があり、左折して入っていきます。

臨海地区

ここもあまり人がいない場所なので、走りやすいと思います。しばらく走ると新施設のMARINE & WALK YOKOHAMAが見えてきます。スヌーピーのカフェとかあるんですよねぇ。エンジェルウイングスもありますよ。

横浜赤レンガ倉庫

さらに先を進むと、横浜赤レンガ倉庫に到着です。

横浜赤レンガ倉庫と言えば、「あぶない刑事」のエンディングですが、元々税関の保税倉庫だったのですね。

1911年(明治44年)に最初の建物が建設されたそうです。第二次世界大戦終戦後は横浜税関に連合国軍最高司令官総司令部が置かれ、この辺り一帯は接収されたそうです。歴史を感じますねぇ。

近くには横浜港駅の遺構があり、当時の面影を知ることができます。

海上保安資料館横浜館北朝鮮工作船展示

そして左には海上保安庁の資料館があります。

2001年12月に発生した九州南西海域工作船事件で自爆した北朝鮮工作船を引き上げ、この横浜で展示されています🚢

かなり緊迫した内容なのは理解できると思います。当時の状況を海上保安庁OBのおじいちゃん達が、超詳細に解説してくれるのがこの資料館です。

横浜赤レンガ倉庫

さらに海沿いを進み、赤レンガ倉庫を抜けます。

駐車場に出入りする車に気をつけてくださいね。

横浜赤レンガ倉庫~象の鼻パーク~横浜大さん橋

象の鼻パークは、防波堤が象の鼻の形しているらしいですよ!

象の置物があちらこちらに置いてあります🐘

象の鼻テラスというカフェがあるのですが、僕が走っていた時間は朝早すぎて営業前でした。

アイスがね。良いよね。

ブルーブルーヨコハマ

再び海沿いに走っていくと、「YOKOHAMA」と書いてある建物が見えてくるので左折します。

左折後に見えてくるのが、横浜大さん橋です。

横浜大さん橋~山下公園

横浜大さん橋の正式名称は、「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」

飛鳥IIとかクイーンエリザベスとかが入港します。こんな大きな船が入ってこれるの?!(ベイブリッジくぐれるの?)というサイズの船も来るので、楽しいです。

横浜大さん橋入港

豪華客船の入港日は、横浜市港湾局のサイトで確認ができます。

横浜港大さん橋

横浜大さん橋くじらのせなか

大さん橋の上はウッドデッキになっていて、横浜港が一望できます😀

みなとみらいのビル群も一望。

横浜大さん橋くじらのせなか

遠くにベイブリッジも見えて、天気が良いと本当に気持ちの良い場所です。

大さん橋を後にして、山下公園へ向かいます。

山下臨港線プロムナード

水上警察署の前まで来ると、「WELCOM TO YOKOHAMA」の文字。この橋は現在はプロムナードで、昔の貨物線(山下臨港線)の線路が敷設されていた高架です。

この先の信号を左折します。

山下公園~山下臨港線プロムナード

山下公園入り口

山下公園の入り口は、突然現れます。

この先にも入り口はいくつかありますので、見逃しても問題はありませんが、余すことなく山下公園を堪能するのであれば、こちらから入るのが良いでしょう。

山下公園

山下公園は、日本で最初に誕生した臨海公園です。

横浜は関東大震災時にかなりの被害を受けたそうで、震災復興事業の一環で海を埋め立てて造成したのが、山下公園だそうです。

氷川丸

タイミングがあったら、氷川丸の中も見学するといいですね🚢

日本郵船氷川丸は、昭和5年に建造された貨客船で、約30年間シアトル航路を運行していたそうです。

船内の見学は300円。

戦前の造船技術や船内意匠を見ることのできる遺構として、2016年8月に国の重要文化財に指定されました。船内の見学をしながら、戦前の船旅に想いを馳せるのもまた良いですね。

山下公園から見るマリンタワー

山下公園の端までくると、マリンタワーが見えます。

マリンタワーは、昔は灯台としての役割も担っていたようですが、今はその機能は停止されています。2019年3月31日を持って営業を終了し、2022年開業再開へ向けて改修工事予定だそう⛏

山下臨港線プロムナード

山下公園の反対側まで走ると、公園へ入ってきた出入り口になります。写真で見ると左から入ってきましたが、帰りは真っ直ぐスロープを登ります。

山下臨港線プロムナード~ナビオス横浜~汽車道~みなとみらいタウンエリア

プロムナードをしばらく走ると再び赤レンガ倉庫に戻ってきます。

赤レンガ倉庫交差点

「赤レンガ倉庫」の信号を左折し、横断歩道を渡ったらランドマークタワー方面へ進みます。

ちなみに、黄色い丸で囲った建設中の建物は「ザ・タワー横浜北仲」というタワーマンションで、地上58階建て、最上階の分譲価格は8億円ですって!😂

平均価格8,760万円の一般販売戸数1,126戸が全て完売したそうです。世の中、お金持ちって一杯いるのですねぇ。

そんなマンションを横目に、ナビオス横浜を目指します。

ナビオス横浜

信号を渡って、ナビオス横浜をくぐります。

ナビオス横浜にある、シーメンズクラブというバーは夜景が綺麗だと父から聞かされていますが、一回も行ったことありません。というか一生行かない気がする。

臨海線線路遺構

ナビオス横浜をくぐるときに目を引くのが線路🚌

旧臨港線の線路をそのまま活かしたプロムナードです。横浜博覧会の時は汽車を走らせていたそうですよ!(子供の頃だったのでよく覚えてない)

汽車道の終わりに右側に、日本丸が見えてきます。

日本丸は昭和5年に建造された帆船で、1万人以上の実習生とともに地球を45周したそうです。

天気の良い日に、帆をいっぱいに広げた日本丸は格好良いです! ランニング中に見られたらラッキーかも?

日本丸メモリアルパーク内を抜け、次はランドマークタワーとクイーンズタワーの間のプロムナードを走ります。

横浜美術館

ランドマークタワーを抜けると、右手にマークイズみなとみらい、左手に横浜美術館が見えます。

みなとみらいのタウンエリアは、お金持ちお洒落感が特徴的だなぁ…と勝手に思っています。実際にみなとみらい地区は高層タワーマンションが増え人口が爆発的に増えたそうです。10年間の限定設置ですが、最近小学校も新たにできました。

そんなタウンエリアを抜けて、出発地点である横浜三井ビルディングへ帰ってきてランニングは終了です。

さいごに

最後の方は写真を撮る余裕がなくなって、中途半端な解説になってしまいました…

走った感想ですが、みんなが想像する横浜を満喫できたなぁ~と自信を持ってオススメできるコースです。

事前に色々と各所の知識を頭に入れた上で走ると、さらに楽しめそうですね。

僕も次回同じコースを走る時は、「あぁ、ここにはこんな歴史があるんだな」と思いながら走れそうです(笑)