MTGOXの再生債権届出を提出しました。今後のスケジュールは?

2018年9月7日

MTGOX再生債権届出

ジンボ(@jinbo55)です。

先日、再生債権届出を提出しました!

8月23日(木)より、MTGOXホームページよりオンラインによる届出が受付開始しています。

オンラインによる届出に関して、少し戸惑うところもありましたが、無事に届出をする事ができました。

注意点や今後のスケジュールなど、現時点での情報を共有していきたいと思います。

8月23日より、再生債権届出の受付開始

MTGOX再生債権届出

MTGOXホームページにて、再生債権届出ができるようになっています。

債権届出をした際のパスワードでログインを行い、再生債権届出の際に、秘密の質問と答え、新しいパスワード、Google Authenticatorのスマホへのインストールと登録が必要です。

特にGoogle Authenticatorは、馴染みが無い方も多いかと思います。

登録時に取得するMFATokenの文字列は紛失しないように気をつけてください。また、取扱いも注意が必要です。

また、Google Authenticatorをインストールしたスマホの紛失等も注意が必要ですので、専用の端末を一つ用意して管理するのが一番リスクがないです。

MTGOX再生債権届出システム

MTGOX 再生債権届出システムでは、下記の4パターンで案内が異なります。自分のパターンにあった案内を確認してください。

  1. 破産手続きでオンライン債権届出を行ったユーザー
  2. 破産手続きで債権届出を行っていないユーザー
  3. 破産手続きでオフライン債権届出を行ったユーザー
  4. 今回の民事再生手続きでオフライン債権届出を行うユーザー

オンラインとオフラインで有利不利はありません。

近い将来、ビットコインだったり円などで返還がある「かもしれない」のですが、スムースに返還を受けるためにも、出来る限りオンラインで手続き完了をした方が良いと判断しています。

ちょっと戸惑うかもしれませんが、頑張ってオンラインで届出を完了させましょう。

オンラインで再生債権届出ができない場合

書類

オフラインで届出を行う場合はMTGOXホームページにもある通り、専用の再生債権届出書の書式(PDF)をダウンロードして記入します。

「届出書式①ー1」を使用して、パソコンで記入します(手書き不可)

PDFファイルを開くと記入ボックスがありますので、必要事項を入力後に保存します。

記入後、全てのページを一式印刷し、指定住所に郵送します。

郵送する際には、下記のいずれかの本人確認ができる書類の写しを同封します。

  • パスポート
  • 運転免許
  • 身分証明書(Identity Card)

※身分証明書(Identity Card)は、可能であれば顔写真及び日本語表記又はアルファベット表記の氏名が記載されたもの

今後のスケジュールは?

再生債権届出をした人が意識しておきたい今後のスケジュールとして、下記の通りです。

  • 第11回債権者集会/平成30年9月26日
  • 再生債権の届出期限/平成30年10月22日
  • 再生債権の認否/平成31年2月7日以降
  • MTGOXが再生計画案を裁判所に提出する期限/平成31年2月14日

今月開催される第11回債権者集会にて、今後の詳細が報告あるかと思います。

特に今回の開催は、民事再生手続き決定後の初めての債権者集会となりますので、僕は非常に注目しています(僕は仕事で行かれないのですが・・・)。

気になる注目点

気になる

次回の債権者集会で、現在気になっている点が明確になるといいなと思っています。

  • 再生債権届出には、ビットコイン以外には、ハードフォークしたビットコインキャッシュが明記されていましたが、ビットコインゴールド、ビットコインダイヤモンドの取扱いはどうなるのか?
  • ビットコインで返還される場合、ウォレットはどこになるのか?
  • 具体的な返還時期

さいごに

ちょうどきの記事を書いている最中に、MTGOXから再生債権届出についてよくある質問に関するメールが来ていました。

オンラインで手続きするのに、みなさん苦労しているっぽいですねえ。

いずれにしても債権者は、再生債権届出をしてようやくスタートラインとなります。

再生債権届出の期日は、平成30年10月22日まで。

うっかり忘れを防止するためにも、さっさと行動した方が良さそうです。

債権者の皆さん、最後までともに頑張りましょう!

では、また!