iPhone/iPad用の+メッセージ(プラスメッセージ)がいよいよサービス開始!

2018年6月22日

プラスメッセージ

ジンボ(@jinbo55)です。

4月に記事にした、+メッセージ(プラスメッセージ)は試してみましたか?

不具合等も若干あったりするみたいですが、iPhoneとAndroid間で他社メッセージサービスを使うことなく長文メールが利用できるのは非常に利点ですよね。

iPhone/iPad用の+メッセージ(プラスメッセージ)がサービス開始しました!

さっそくインストールしてみましたので、ファーストインプレッションレビューをしていきたいと思います!

まずは、アプリをインストール

+メッセージ(プラスメッセージ)

+メッセージが利用できる条件としては、下記となります。

  • iOS9以降
  • AppStoreより、+メッセージアプリをダウンロードして利用

データ通信料のみで利用できますが、送信先が利用できない場合はSMSで送信します。SMSは一通あたりの料金(3円/通)となりますので気をつけてください。

まず、+メッセージ(プラスメッセージ)を利用するには、iPhoneとiPadの場合はアプリをインストールしないといけません。

AppStoreで+メッセージと検索してもアプリが出てこない場合、+を全角で入力していないことが原因です。

POINTAppStoreで検索する時はカタカナで「プラスメッセージ」と入力しよう

既にAndroidではサービス開始していますが、ドコモとauの人はSMSアプリが自動的に+メッセージアプリに変更となっていますので、すぐにやりとり開始する事ができます。

送受信可能なもの

スマホからメッセージ

+メッセージでは、全角2,730文字までを送受信する事が可能です。

これだけ送受信ができれば、特に問題なさそうですね。

写真や動画は最大100MBまで取り扱うことができますが、動画は100MBだとちょっと厳しい印象です。

その他、地図情報や連絡先も送信可能だそうですが、今回は実験しませんでした。

設定手順

基本的には、アプリを起動してから設定完了までの流れは、LINEなどと同様なので、迷うことはないと思います。2回ほどアクセス権限と通知の許可を求められますので、許可を押すだけです。

+メッセージ設定手順

最初の設定をする時だけWi-Fiを切る必要があるので、設定前に予めオフにしておくと良いでしょう。

POINT設定の際は、Wi-Fiはあらかじめオフにしておこう

+メッセージ設定手順

最初の設定が終了した後は、Wi-Fiでも利用することが可能です。

後はLINE同様に表示する名前やアイコンを設定して終了です。

実際の使用感は?

基本的にはIDを電話番号としているだけで、LINEなどとほぼ同じです。多少の違いはあれど、ほぼ違和感なく使えると思います。

+メッセージ設定手順

電話帳を同期すると、+メッセージユーザーがわかるようになっています。ユーザーには右にアイコンが表示されます。

+メッセージ

右下のマイページから各種設定、スタンプストアからスタンプのダウンロードが可能です。

 

+メッセージ

QRコードを表示して、相手が読み込むことで電話帳への登録が可能です。これはこれで、便利かも。

+メッセージやりとりサンプル

実際にiPhoneとAndroid同士で、テストメッセージしてみました。

まあ、普通に写真も送受信できますので便利です。電話番号だけで良いので、非常に具合がよろしいです。

さいごに

iOS版がリリースされたことで、いよいよ本格稼働ですね。

今後は希望するMVNO事業者にも広げていくとの事ですので、ビジネスでの活用や、チャットアプリを未導入のAndroidとiPhone間のメッセージなど、一定の利用シーンは出てくると思います。

僕もさっそくプライベート・仕事用と導入しました。

MVNO事業者で利用できなかったりと、これから改善していくべきハードルはありますが、さっそくビジネスで使い始めたこともあり、今後の拡充に期待です。