猫に噛まれた時の対処方法

猫に噛まれた時の対処

ヤナケン(@yanaken8787)です。

ある朝の出来事です。

起き抜けで寝ぼけながら家の中を歩いていた嫁さんが、スヤスヤ寝ていたうちのニャンコのお腹を思いっきり踏んでしまったそうです。

ニャンコ
ニャンコ
痛い!何するんだよ!(怒)
ニャンコ
ニャンコ
ガブリ!

嫁は怒ったニャンコに足を噛まれ、足がパンパンに腫れてしまいました。

ゴールデンウイーク中だったので、一日様子を見る事にしたのですが、休み明けになっても酷い状態だったので病院へ行きました。

噛まれた時の応急処置含めて、どうしたら良いのか?

共有していきたいと思います。

猫(犬)に噛まれた直後の対処方法

猫に噛まれた

噛まれて二日目の嫁さんの足。

腫れ上がってパンパンです。

消毒液を使って消毒をしたそうですが、病院に行ったら、この行動は間違いという事がわかりました。

正しい行動としては

猫(犬)に噛まれたら、まずは水道水でよく洗う。

口の中には様々な細菌が存在するのですが、猫の牙は細く皮膚に深く刺さりやすいため、犬よりも猫に噛まれた時の方が重篤になりやすいようです。

まずは、雑菌類を水で洗い流しましょう。

よく水道水で洗ったら、病院へ行きましょう。

私たちにできるのは、この2点です。

病院は何科を受診したら良いの?

基本的には外科を受診します。

近くに外科が無ければ、整形外科、形成外科、皮膚科でも大丈夫。

専門外の場合、一度受診の後に紹介状を書いてもらう可能性もありますが、応急処置をしてくれます。

さいごに

猫(犬)に噛まれた場合、破傷風や狂犬病のリスクなども考えられますので、「大丈夫」と放っておかず病院に必ず行きましょう。

各種、予防接種などもきちんと受けておきたいものですね。

 

生活

Posted by ヤナケン