君は知っているか?100円均一で販売しているスマホ用ガラスフィルムの実力を!

2017年12月16日

節約が趣味のジンボです。

まあ、好きで節約をしている訳ではないのですが、必然的に節約せざるをえないので楽しみながらしているような気もします…

こうして文字に起こすとなんとなく寂しい。

本題ですが、世の中にはスマホ用のガラスフィルムって沢山ありますよね?

落とした時にガラスフィルムだけが割れて画面は無事な人もいるので、効果があると信じて貼っています。

ガラスフィルムも色々と種類がありますが、一体何が違うのでしょうか?

ガラスフィルムの厚さで何が変わってくるの?

ガラスフィルムに関しては、iFaceで有名なHameeさんのサイトで詳しく紹介しています。

ガラスフィルムは0.1mm~0.33mmが一般的です。スマートフォンは身体の静電気を感知して動作をするのですが、厚いと感度が悪くなるとのこと。

0.1mm~0.2mmくらいのガラスフィルムは、薄いのでスマートフォンケースなに入れた状態でも干渉しないが利点ですね。

人気のガラスフィルムだとクリスタルアーマーなどが有名です。

薄くてラウンドエッジ加工がしてあるので、違和感なく画面に貼付できます。個人的にはオススメのガラスフィルムです。

お値段はそれなりですが、満足すること間違い無し。

ガラスフィルムの硬さ

一般的に販売されているガラスフィルムは、硬度9Hがほとんどです。

 

 

この硬度9Hは、表面硬度(正式には鉛筆濃度)9Hと表します。これは日本工業規格(JIS)で既知の硬さの鉛筆を塗膜に一定の条件で押し付けて、塗膜硬度を測定する方法で算出するそうです。

9Hは、鉛筆の9Hで初めて傷がつくという意味だそうです。へぇぇぇ、初めて知りました。

三菱鉛筆さんのサイトで確認すると、鉛筆種類は10B~10Hまでの22種類があり、皆さんもご存知の通りB(軟)→H(硬)となっています。

一番硬い鉛筆が10Hなので、9Hは相当硬いのだなという事がわかりますね。

ボクが使うガラスフィルムはこれだ

100円均一で購入したガラスフィルムです。セリア、ダイソーで販売しています。

会社用のスマホがiPhoneになったので、ダイソーで購入してきました。個人用はセリアで購入したガラスフィルムを貼っています。

ダイソーで買ってきたガラスフィルム。なんとしっかりしたパッケージなのでしょうか!

知ってるか?これで税込み108円なんだぜ…綺麗な顔してるだろ…?

セリアはこんな感じのパッケージ。スペックがしっかり記載されています。

 

 

ダイソーのガラスフィルムには、厚さや硬度などの記載は一切ありませんでした。セリアのガラスフィルムと同じ厚さっぽいので、0.33mmと推測されます。

ま、安いから気にしない。

パカっと開けると、画面を拭くためのウェスと埃吸着シール、ガラスフィルム本体が入っています。パッケージの裏に貼り方が書いてありますので、その通りに作業します。

 

まずはウェスで画面を綺麗にして、埃を除去します。

セリアのガラスフィルムは、アルコールのシートで拭いた後に空拭き用のシートで乾かします。

最後に、ガラスフィルムを貼って終了です。

ダイソーのガラスフィルムはラウンドエッジ加工がされていないっぽく、上手く貼らないと淵が若干浮いてしまいます。ボクは失敗して浮きました。

安いから気にしないけど。

個人的には、セリアで買ったガラスフィルムの方が良い気がします。0.33mmでも、普通に指で使う分には問題ありません。

まとめ

100円均一で販売しているガラスフィルムは0.33mmとやや厚めですが、鉛筆硬度9Hとかなり硬い事が判りました。

用途によっては、100円均一商品でも良いのではないでしょうか?割れたらすぐに買い換えられるしね。

それにしても100円均一は、やっぱりすごいなぁと改めて感心させられた次第です。