スマホに音楽CDを転送できるBUFFALOのラクレコを使ってみた

2022年1月12日

スマホに音楽CDを転送できる BUFFALOのラクレコを使ってみた

やなけん(@yanaken8787)です。

昔に購入したCDをiPhoneやAndroidに入れて聴きたい、CDをレンタルしてきて聴きたい時ってありませんか?

以前はマメにPCに取り込んでスマホに転送して聴いていたのですが、PCやスマホを買い替えると次第に面倒くさくなってきて、聴かなくなってしまいました。先日、CDを直接スマホに取り込める商品が発売されたのを知って、ヤフオクで入手してみました。

BUFFALOのラクレコという商品です。

今日は、製品概要と使ってみた感想をお伝えしたいと思います。

BUFFALOのラクレコってどんな商品?

ラクレコは、パソコンを持っていなくてもiPhoneやAndroidに音楽CDを取り込めます。

スマホに音楽CDを取り込む場合、iPhoneだとiTunes等を使用してPCに一度CDを取り込んでから転送する必要がありました。ラクレコを利用すると、スマホとCDドライブを直接繋げて簡単に取り込むことができます。

取り込む時間は1枚約5分程度です。

ラクレコで出来ること

ラクレコで出来ることは下記の通りです。

  • 音質を選んでスマホに取り込める(AAC 96kbps~320kbps、FLAC)
  • スマホに取り込んだCDをDVD-Rにバックアップ可能
  • フレーズに合わせて歌詞を表示できる(条件あり)
  • ラクレコで再生すると、billboard JAPANのチャート集計される(推し活、自担)

音質を選んでスマホに取り込める、レンタル屋などでCDを借りてきた時にバックアップ取れるのはよいなぁと思いました。ラクレコで再生することで、billboard JAPANのチャートに影響あるのはイマドキですね。

ラクレコで出来ないこと

楽曲はラクレコアプリ内に保存されます。iPhoneだとミュージックアプリには保存できません。ようするに、タイマーや目覚ましの音には設定できません。これは個人的に残念な点です。

目覚ましに設定したかったら、iTunesに取り込めって事ですね。

使い方

今回は、iPhoneを例に使い方を示しますが、基本的にAndroidも同じ使い方です。

BUFFALOラクレコ

今回入手したのは、2020年11月下旬に発売したケーブル同梱モデルです。

DVDドライブ、ACアダプター、説明書、DVD-Rメディア、microUSB-Lightning、microUSB-microUSB、microUSB-TYPE Cが入っています。

スマホで採用されている端子の対応ケーブルが全て同梱されているのは良いですね!

BUFFALOラクレコ

今回は、昔購入したMOVIE HITSを取り込んでみたいと思います。

BUFFALOラクレコ

ACアダプターを取り付けて電源を入れて、本体とiPhone用のUSBケーブルを接続します。ご自身のスマホにあったUSBケーブルを接続してください。この段階ではスマホとケーブルは接続しないでください。

BUFFALOラクレコ

スマホに「ラクレコ」アプリをApp Store / Play Storeからインストールした後に、スマホとケーブルを接続するとポップアップが表示されるので「許可」を押します。

BUFFALOラクレコ

画面に沿って選択してCDを取り込むと、アルバムデータがあると表示されますので選択します。

BUFFALOラクレコ

CDの取り込みが始まり、完了すると完了画面が出てきます。1枚約5分。

BUFFALOラクレコ

ラクレコアプリ上から再生すると、このように表示されます。割とシンプルなアプリなので、使い方は迷わないと感じました。

さいごに

ストリーミングサービスで聴けない楽曲ってたまにありますよね。そんな時はやはりCDを手に入れるのが一番です。でもPCを持っていない、PCに転送するのは面倒……CDを直接スマホに取り込めるのは手軽でいいなぁと感じました!

昔購入してそのまま保管してあるCD達も、スマホに入れて聴きたいなぁと思います。

一家に1台あれば家族で使いまわしもできますので、おひとついかがですか?

デジタル

Posted by やなけん