パスワードを覚える事を卒業しよう!覚えるのではなく、管理するのだ

2017年11月10日

銀行、クレジットカード、メール、航空会社、各種サイト、APPLE ID・・・etc.

最近は、色々なIDとパスワードがありますよね。皆さん、管理はどうしていますか?パスワードは統一した物を使っているよ!という方もいるのではないでしょうか?

統一したパスワードを使用することは非常に危険で、インターネットが発達した昨今は各種サービスのID、PASSが芋づる式に不正アクセスされて損害を受ける危険性が増えてきました。

そんな話を以前父にしていたのですが、先日実家に帰省した時に父が

父
俺は、このメモ帳(紙)に全てのIDとパスワード、暗証番号を控えているから安心だ。無くしたら一網打尽だけどな

とドヤ顔で言っていて、軽く目眩がしました(笑)

パスワードはサービスごとに異なるものを使うべきです。でもいろいろな種類のパスワードはいちいち覚えていられませんよね?

そこでおすすめするのが、パスワード管理アプリの使用です。パスワード管理アプリはIDとパスワードを管理してくれるだけではなく、セキュリティの高い複雑なパスワード生成もしてくれるのです!

数年前からアプリでパスワード類の管理を行っていますが、色々なアプリを試す中でこのアプリに落ち着きました。自分的には非常に使いやすく、安心感もあるのでご紹介します。

その名も、1Passwordです。

1Passwordとは?

1つのマスターパスワードでログインができ、各種ID、パスワードを保存できるアプリケーションです。Windows、Mac、iOS、Androidと4種類がリリースされています。

このアプリはiOS用もAndroid用も両方ありますので、全てのスマホユーザーにおすすめです!

iOS版(1Password 7)では、”ログイン情報””クレジットカード”の2項目が無料利用できます。無料版で利用できるカテゴリーは下記になります。

  • ログイン情報
  • セキュアノート機能
  • クレジットカード
  • 個人情報

Android版では30日間すべての機能が利用でき、その後は読み出しだけとなってしまう模様です。

デベロッパーによると、現在iOS版と同じ条件で無料お試しできるように環境整備中との事ですが、課金した方がより便利に使えますので、個人的には課金することをオススメします。

まずは無料で始めよう(iOS版)

iPhoneを使っている方は無料で始められますので、サクッとインストールしましょう。

1Password

無料
(2017.11.10時点)
posted with ポチレバ
一番下にあるCreate a standalone vaultを選択します。
マスターパスワードを設定します。絶対に忘れないでくださいね。
これは好みが分かれるところなのですが、アプリ使用時にTouch IDで解除できるかどうかの設定を行います。ここで設定しても後ほど変更はできますので、とりあえず直感で設定しても大丈夫です。
Touch IDでの解除を選択した場合マスターパスワードを忘れる危険性ありますので、注意が必要です。

このアプリで出来ること

なんでも管理できる

基本的には各種センシティブ情報、ID、パスワードは一通りなんでも管理できます。もし該当項目がなかったとしても、自分がわかれば良いので、適当な名前をつけて管理すれば問題ないと思います。とりあえず、一度使えばわかるこの便利さ。

私は、家の金庫のダイヤルも管理しているので、このアプリが無いと開けられません。

ざくっとログイン情報の項目を見るだけでも色々と出てきます。

ログイン名の欄に該当サイトの名前を入力すれば、IDとパスワードは管理できます。一覧に管理したいサイトの名前が無くても安心してください。

パスワード自動生成機能

複雑なパスワードが簡単に自動生成できます。

パスワードのレシピを表示を選択の後に、長さ・数字桁・記号を組み合わせて自動生成をしてくれます。

 

あいまい表現を回避を設定すると、パッと見て判別つかないパスワード生成は除外してくれます。入力時もパスワードを複数回間違えた後のパスワードロックは悲惨です。

パスワード作成後はすぐに保存が可能ですので、複雑なパスワードを忘れる心配がありません。サービスやサイト毎のパスワード作成と管理を求められる昨今、この機能は逸品です。

この機能は有料版のみとなります。

iCloudにバックアップできる

iPhoneを利用の場合、iCloudにデータをバックアップすることができます。という事は、紛失時や機種変更時に復元すると、データも戻ってくるという事です。僕がこのアプリを使い続ける最大の理由がこの機能です。

アプリに依存し過ぎて各種パスサード滅失の危険性も、バックアップと復元が可能な事で回避できます。素敵すぎる。

パスワードの確認方法

保存したパスワードは下記の手順で確認できます。

マスクされているパスワードを2秒くらい、ロングタップすると《コピー》《表示》と出てきます。

表示をタップすると、下記の通り設定したパスワードが表示されます!

 

セキュリティ設定は確認しよう

色々なサイトのIDとパスワードを管理しますので、セキュリティ面は気を配りたいものです。

セキュリティを選択して、詳細項目を確認しましょう。

 

 

終了時にロックは必ず設定してください。

Touch IDはこの画面でも設定変更ができます。ボクはマスターパスワードを忘れそうなのでオフにしてあります。

 

 

自動ロック時間を自由に設定できますが、好みにあわせて設定してください。

 

料金体系

現在、1Passwordは4つの料金体系となっています。利用状況に合わせて選択しましょう。

 

 

Free(

Free(\0))

iOS版では、一部機能が無料で利用できます。無料と言ってもセキュリティはバッチリです。無料版では、パスワード自動生成機能が利用できません。とりあえずお試しで使用しましょう!

Pro Features(3,200)

個人的なオススメがこのPro Featuresです。1,200円とちょっとお高いのですが、全ての機能を利用できます。課金して後悔はさせません。買い切りなので、1回だけ課金すれば良いのもオススメポイントです。

もちろん、パスワード自動生成機能も利用できます!

1Password Account Monthly Subscription(.99)

月額課金制です。Pro Featuresの場合、複数デバイス利用はデバイスごとの支払いが必要ですが、Windows,Mac,iOS,Android全てのデバイスで共通して利用できます。

アプリのアップグレードも料金に含まれています。

1Password Famillies Monthly Subscription(.99)

家族5名まで利用できる月額課金制です。上記4つのデバイスとアップグレード、そして、共有パスワードの管理も可能です。

まとめ

いかがでしたか?僕は、iPhoneのみで各種IDやパスワードの管理を行っていますので、PCで利用する事を考慮しないご紹介をしました。

パスワードを管理と滅失リスクを回避という視点のみで見ると、この1Passwordは個人的にはベストアプです。このアプリのためだけにiPhoneを使い続けていると言っても過言ではありません。

パスワードはサービスごと、サイトごとに異なる物を使用していく上ではパスワード管理アプリは必須アイテムですよね。