ランドセルをリメイクしたら、素敵な想い出の品に変身した

ランドセルのリメイク

ジンボ(@jinbo55)です。

息子が小学校6年間使っていたランドセルをリメイクしてもらいました!

今週、ようやく納品されたのですが、とても良い仕上がりになっていました。

我が家ではどうしてランドセルをリメイクに出すことにしたのか?

リメイクされてどうだったかを、お伝えしていきます!

小学校卒業後のランドセル、どうする?

小学校に入学する前の年の夏にランドセルを購入する人が多いと思いますが、我が家でも、息子が幼稚園からチラシを持って帰ってきました。

夏に買うとちょっと安いという触れ込みだったので購入しようと思ったのですが、そんな話を実家に帰った時にしていたら

父
ランドセルを購入するのは、祖父の役目だ!ランドセルの代金は私が払う!

なんて、熱く語ってくれたので、素直に甘えて購入してもらったのです。

無事に6年間の小学校生活が終わり、中学校へ入学。

中学校生活にも慣れてきた6月くらいに、

ジンボ
ジンボ
このランドセルどうする?せっかく買ってもらったけど、使わないから邪魔だよね

なんて話になりました。

ランドセルの処分方法としては、主に4つの選択肢があります。

  1. オークションで売る
  2. 寄付する
  3. 単純に捨てる
  4. リメイクして想い出に残す

息子のランドセルは小傷は多少ありますが、比較的綺麗だったのでオークション等で売れるのではないか? と考えたのですが、息子の名前が刺繍されていたので断念する事にしました。

寄付した場合も、息子の名前が刺繍されているので、使う子が嫌な思いするかな…と思ったのと、寄付を受け付けている団体へ送付する送料が意外と高かったので、これも断念。

おじいちゃんに買って貰ったランドセルだし、綺麗なので

使わないから邪魔だから捨てようか!

という話にもならなかったので、別の形で残せたらいいなぁと夫婦で話していました。

結果的にランドセルはリメイクしてもらうことにしたのです。

頼んだお店は、カバン工房Askalさん

7月1日にリメイク前のランドセルの写真を撮影していますが、納品されたのが9月27日なので、約3ヶ月かかりました。

時間はかかったけど、こちらのお店でお願いして正解でした\(^o^)/

上質なレザーアイテムを多数ラインナップしている『カバン工房askal』。特に、本場イタリア・トスカーナ地方の伝統製法で鞣されたイタリアンレザーを使用し、日本国内で職人が仕上げたキーケースやコインケースなどが種類豊富に揃う。セミオーダー並みのオーダーが可能で、オリジナル小物がつくれるのが魅力だ。

GOODA/カバン工房Askal紹介より

元々、革製品の工房なのですね。

お洒落な男性向けの革製小物を作っている工房さんのようです。

リメイクしたランドセルが届いた!

リメイク前ランドセル1 リメイク前ランドセル2

リメイク前のランドセルが・・・

 

リメイク後ランドセル1

こんな感じに♪

  • 上段:ストラップ
  • 中段:SNS写真掲載(Twitter、Instagram)自慢特典ミニランドセル、キーホルダー、ケーブルホルダー
  • 下段:キーホルダー、小銭入れ、パスケース

ストラップはパスケースと一緒に組み合わせて使うと良さそうです。

リメイクミニランドセル

ミニランドセルは、SNSで自慢(写真を掲載)を約束でついてくる特典だそうです。

小学校の想い出には良いですね(^o^)

実は、このミニランドセルもリール式のキーホルダーになっています。

リメイクランドセル小物

メインは、この3点セット。非常に良い仕上がりです。

リメイクランドセルキーケース リメイクランドセルキーケース

キーケースはちょうど、開閉部を上手に使って加工してくれたみたいです。

ランドセルリメイク小銭入れ

小銭入れのチャック持ち手部分は、ランドセルの小物入れ部分の持ち手を活用。

子供が気づいて「すごい!!」と絶賛していました。

使える部分は余すところ無く、想い出としてリメイクしてくれています。

ランドセルリメイクパスケース

ランドセルを購入する時に、息子のこだわりポイントであったクローバーの刺繍も、上手に活かしてくれています。

ランドセルの写真の光量の関係でわかりにくいですが(加工すればよかった)、側面下部にクローバーの刺繍が入っている部分を使って作ってくれています。

届いた感想

想い出になる特徴的な部分を、職人さんが一つ一つのランドセルに合わせて素材を選んで工夫してリメイクしてくれているのが、とてもよく伝わってくる仕上がりでした。

息子も、晴れの日も雨の日も、雪の降る日も学校に通うのに6年間使用したランドセルが、別の形で使い続けられる小物として帰ってきてとても嬉しそうでした。

気になるお値段は、4,980円(税込)です。

これが高いか安いかはわかりませんが、職人さんが丹精込めて作ってくれているのが伝わってくるリメイクなので、とても満足しています。

さいごに

小学校を卒業してランドセルは使わなくなったけど、邪魔だけど捨てるには…

想い出にとっておきたいけれど、保管場所がなくて…

そんな人はぜひ、リメイクサービスを利用する事をオススメします。ランドセルをリメイクしてくれる会社は結構あるみたい。

場所も取らず、小学校の想い出が違う形で手元に残るのは、とても良いなと感じました。

ぜひ、ランドセルの行き場に困っている人は利用してみてくださいね!

 

子育て

Posted by ジンボ