クレジットカードの使用が不安?だったらプリペイドを使えば幸せになれるよ!

2017年12月17日

海外旅行などの旅先や、インターネットでの買い物、怪しいお店での支払い・・・など、クレジットカードを出すのに不安な時ってありますよね。

最近では、銀行口座に紐付いているVISAやMasterCardなどのブランドがついたデビットカードもありますが、口座と紐付いているのでカード番号流出のリスクは気になります。

また海外へ行くのに多額の現金を持ち歩くのも不安・・・という人もいるでしょう。

そんな要望を満たすVISAやMasterCardのマークが付いた”プリペイドカード”が便利です。ボクも何種類か試しましたが、現在はNEOMONEYというプリペイドカードを使用しています。

これに行き着いた理由は後述しますが、まずは、VISAやMasterCardのマークが付いたプリペイドカーはどんな物なのか?確認していきたいと思います。

クレジットカードとプリペイドカードの違い

クレジットカードとプリペイドカードは以下の違いがあります。

クレジットカード プリペイドカード
入会審査 与信審査・銀行口座登録 審査不要・銀行口座不要
利用可能額 利用限度額の範囲内 チャージ残高の範囲内
支払い方法 後日口座引き落とし 支払い時に引き落とし
年会費 要(一部無料) 不要

※プリペイドカードでは、マネーロンダリング防止のために本人確認が必要な物もあります。

クレジットカードは、入会時に勤め先や年収・その他の情報をクレジットカード会社へ提供し、支払い能力を確認する与信審査がありますが、プリペイドカードには与信審査はありません。

プリペイドカードは、前払いでチャージした分だけ加盟店で利用できます。イメージ的にはSuicaやPASMOのような交通系ICカードのクレジットカード版と捉えたらイメージしやすいですね。

最近では、携帯会社が利用者向けに訴求と発行をしていますので、勧誘を受けた人も多いのではないでしょうか?

プリペイドカードの種類

繰り返しチャージして使えるプリペイドカードは、現在、VISA・MasterCard・JCBの三種類を確認しています。

発行会社によってサービスが異なりますので、ライフスタイルに合わせて選びましょう。

どんな使い方ができるの?

プリペイドカードは、下記のような使い方が可能です。

  • 世界中のお店、加盟店で利用可能
  • 世界中のATMで現金が引き出せる(対応カードのみ)
  • インターネットの買い物にも使える(Play StoreやiTunes、Amazon、楽天など)
  • 与信審査が無いので手軽に持てる!クレジットカード審査落ちの方も◎
  • チャージした分だけ使えるので、使い過ぎ防止に役立つ
  • 未成年者(年齢制限あり)でも持てるので、緊急時のお金として安心して持たせられる
  • 家族へのクレジットカード利用履歴バレ防止?!

色々と便利ですが、注意点もあります。

  • 月額料金などの支払いには、利用できない

世界中のお店、加盟店で利用可能

もし、あなたがプリペイドカードを手に入れたなら、券面に記載のある国際ブランドの加盟店であれば世界中どこでも利用することができます。ボクが利用しているNEOMONEYの場合はVISAになります。

最近では、スキミング被害(クレジットカード情報の無断複製)も心配ですが、万が一被害にあってもチャージした分だけなら安心です。

世界中のATMで現金が引き出せる(対応カードのみ)

キャッシュカードを持っていなくても、世界中のATMで現金が引き出せます。キャッシングではなくチャージした現金を引き出すので、必要な時に必要な分だけ現金を調達できるのが安心ですね。

インターネットの買い物にも使える

ボクの父は情報漏洩が怖いからと、未だにネット通販を使ったことがないそうです。便利なのになぁ。でも、不安な気持ちは非常に理解できます。

そんな人にも安心して利用できるのが良いですね。

  • iTunes
  • Play Store
  • Amazon
  • 楽天
  • 各種ネット上での支払い

なんでもOKです。チャージした分だけしか使えませんから、万が一情報漏洩などでカード番号が流失した場合でも安心です。

与信審査が無いので手軽に持てる

クレジットカードの利用分は後日、銀行口座から支払いになります。クレジット会社は、支払い能力を確認するために与信審査をした上でカード発行をします。

 

プリペイドカードは、チャージした分のみしか利用できないので与信審査がありません。事情があってクレジットカードを持てない人でも、プリペイドカードは基本的に問題なく持つことが可能です(本人確認が必要な場合あり)

ネット通販も便利に利用できますよね!

チャージした分だけ使えるので、使い過ぎ防止に役立つ

クレジットカードは現金が手元にないまま限度額まで使えてしまいますので、お金を借りているという意識が薄くなります。ボクは毎月10万円くらいクレジットカードで決済しているのですが、現金で支払っていたらもっと使っていない気がします。

プリペイドであれば現金をチャージをする行動が発生するので、お金を使っている実感は非常に強く持てるでしょう。

お金を使っている実感が持てるからこそ、使い過ぎの防止に繋がります。

未成年者でも持てるので、緊急支払い用として

就職活動中のお子さんを持つお母様から話を聞いたのですが、就職活動中は急にお金が必要になる時が多いそうです。

事前にチャージしておいて、緊急支払い用のお守り代わりに持たせていると仰っていました。

なるほど~。そんな使い方もあるのですね。

家族へのクレジットカード利用履歴バレ防止

家族に内緒で使った決済代金が、口座から引き落とされるのが気まずい人いますよね?

はい、正直に手を上げてください。

プリペイドカードの利用サイトにログインすれば、利用履歴は確認できますが、クレジットカードの明細には載りません。素敵。

普段のお買い物やネットでの支払いなど、なんでも利用してください。

【注意点】ガソリンスタンドや月額料金などの支払いには、利用できない

ガソリンスタンドでの利用や携帯電話やプロバイダー料金など、定期的に支払いが発生するサービスには利用できません。

どうやってチャージするの?

プリペイドカードが便利なのはわかったけど、どうやってチャージするのでしょうか?

基本的なチャージ方法は、下記の手法が一般的です。

  • クレジットカードからのチャージ
  • 専用口座への銀行振込でのチャージ
  • 各サービスのポイントをチャージ
  • Pay-easyを利用したコンビニ払い
  • コンビニ店頭でのチャージ(一部カード)
  • 各種店頭でのチャージ
  • 銀行のATMでのチャージ

通常は、チャージ方法が複数用意してあります。ご自身の都合の良い方法でチャージしましょう。

個人的におすすめするチャージ方法と理由

使い過ぎ防止派であるボクのおすすめするチャージ方法は、コンビニ店頭と銀行ATMでのチャージです。クレジットカードからのチャージだと使い過ぎ防止には繋がらないのですよね・・・

コンビニ店頭では店員さんにチャージしたい金額を告げて、お金を渡せばチャージ出来るのが理想です。銀行ATMではチャージしたい金額を入金すればチャージできると楽ちんですね。

そんなボクの願いを叶えるプリペイドカードが2種類あります。

簡単にチャージできるプリペイドカード

一つ目が、おさいふPontaです。

入手方法は超簡単!ローソンに行くと店内に商品と一緒に陳列されています。店員さんに一言断って貰っていけば入手できます。

その場で開封してレジでチャージすれば、その瞬間から利用できます。レジで金額を伝えてお金を払ってチャージするだけ!とてもシンプルですね!

【チャージについて】

  • 1回につき1,000円以上30,000円まで1円単位でチャージ可能
  • マイページでは1,000円以上10,000円まで1,000円単位でクレジットカードからチャージできます。
  • チャージ上限額は月額累計で10万円までです。
  • チャージ残高の有効期間は、最後にチャージした日もしくは最後に支払い利用した日から2年間です。期間が過ぎると残高が失効しますので、注意してください。



もう一つが、ボクが使っているNEOMONEYです。

なぜこのカードを使っているかと言うと、セブンイレブンにあるセブン銀行ATMで簡単にチャージできるからです。

コミュ障なボクには非対面でのチャージはとても嬉しい。セブンイレブンも比較的どこにでもあるしね。

具体的なATMでのチャージ手順の画面は怪しいので撮影できませんでしたが、NEOMONEYのホームページに手順が載っていました。

基本的にATMでお金を引き出すのと難しさは変わりありませんね。セブン銀行ATMは紙幣のみ入出金できる仕様になっています。

【チャージについて】

  • 1回につき1,000円~10万円まで、ATMでは1000円単位でチャージ可能
  • チャージ上限は100万円まで可能
  • 年間チャージ金額上限は1,500万円まで可能
  • 口座管理維持手数料無料

NEO MONEYの他の特徴

ボクが使っているのはJFAカードです。なんか擦り切れて年季入ってますね・・・

3月に韓国へ行った時に、旅行中に使用するお小遣いを事前チャージして持っていきました。

VISAが使えるところでは普通に決済し、現金が必要になったらPLUSのマークがついているATMを探して現金を引き出して使いました。日本人がよく使うホテル近くであれば手数料が安い両替所もあるのですが、探すのが大変ですよね。

たまたま見つけたATMで、すぐに現金が手に入るのが便利でしたね。帰国後もVISAが使えるお店で利用できました。

払い戻し手数料500円がかかりますが、払い戻しも可能のようです。知らなかった・・・

まとめ

海外でも、日本でも、インターネットでも、安全便利に利用できるプリペイドカードは一枚持っていて損はしないとです。特に、インターネットでの利用は非常に気に入っています。ボクはiTunesに登録して使い過ぎ防止をしています。

NEOMONEYはセキュリティコードもついていますので、ネットショッピングでも安心して利用できますね。

色々なサービスを組み合わせて、賢く便利に使っていきたいなぁと記事を書いて改めて感じました。