12月2日に発生した、iPhoneが再起動を繰り返す症状の対応方法

2017年12月9日

昨日、午前中に珍しく母からSOSのメールが来ました。

母ちゃん
母ちゃん
iPhoneの時計とFitbitとYahooニュースのアプリが使えない(>_<)
母ちゃん
母ちゃん
しかも突然電源が切れて再起動を繰り返して使えないの!なんなの?!
ジンボ
ジンボ
あらま。再起動してみた?
母ちゃん
母ちゃん
再起動してもダメ。使い物にならないiPhoneね!
ジンボ
ジンボ
仕事終わったら家に行くよ…

という事で6連勤の最終日で疲れていましたが、これも親孝行と自分に言い聞かせ、実家へ行くことになりました。

12月2日0時から不具合が発生(iOS11)

iOS11に不具合が発生し、その影響で症状が起きていた模様です。通知をともなう動作をした場合に、電源断→再起動を繰り返す不具合が発生しています。

Appleでは緊急的に日本時間の12月2日(土)17:00にiOS11.2を緊急リリースしました。

基本的には、このアップデートを適用すれば不具合が解消されます。

不具合解消のための手順

不具合を解消するためにはiOSのアップデートを行えば良いことはわかりましたが、アップデート中に再起動した場合、システムがクラッシュ(壊れる)してしまい、復旧できなくなる可能性もあります。

 

 

次のいずれかの手順で、安全にアップデートをする事をオススメします。

  1. iTunesを使用してアップデートする
  2. 通知をオフに設定した後にアップデートをおこなう

iTunesを使用してアップデートする

パソコンにインストールしてあるiTunesを起動した後、Lightningケーブルを使用してパソコンとiPhoneを繋げます。

自動的に認識し、下記のメッセージが出てきます。

ダウンロードして更新を選択してしばらく待つとアップデートされます。

通知をオフに設定した後にアップデートをおこなう

全てのアプリの通知設定を一度オフにします。

 

設定→通知→各アプリと選択し、全てのアプリの設定変更を行います。

 

 

通知を許可をオフにします。

全てのアプリにおいて、通知を許可をオフに変更した後に、iOSのバージョンアップをします。

 

 

 

 

一般→ソフトウェアアップデートを選択します。

 

最後に、ダウンロードとインストールを選択します。自動的に更新が始まりますので、後は待って終了。

必ず充電器に接続して実施してください。

ダウンロードとインストール中に電池切れになってしまった場合、システムクラッシュの原因となります。iPhoneが正常動作しなくなり、文鎮となります。

保証対象外の期間だと、Appleでの交換修理にかなりの金額を支払う必要が出てきますので、注意してくださいね!

まとめ

今回のiPhoneが再起動を繰り返す案件に関しては、iOSの緊急リリースにより回避する事ができました。

格安SIMなど使っている人は、OSのバージョンアップをする事で急に使えなくなる可能性もあります。

iOSのアップデートリリース直後は不具合等も考えられるため、トラブルが発生しても笑って対応できる好きな人以外は慎重にアップデートすべきだと個人的には考えています。