引越し後の新生活インターネット環境、どこにする?個人的なおすすめ3選!

2018年6月5日

個人的におすすめするインターネット会社

ゴールデンウィークに入って、寝てばかりのジンボ(@jinbo55)です。

4月に入って急激に仕事が忙しくなってきたので、疲れが溜まっているのかな~。

就職や進学・転勤などで引っ越しの後、インターネット環境は整いましたか?

固定電話を持っていない人も多いかと思いますが、最近は手軽にインターネット環境を整える事ができるので、個人的におすすめするインターネット会社を紹介します。

選定ポイント

通信速度もそこそこで、月額のランニング費用が安いのはもちろんのこと、初期費用や再び引っ越しの際も費用があまりかからず、面倒くさくないことがおすすめのポイントです。

ひかりサービスは通信速度が早くてとても良いのですが、初期工事費や解除料金の扱いが面倒なので、僕個人としてはおすすめしません。

例えば、某ひかりで言うと、、、

  • 登録料3,000円、開通工事が土日祝は+3,000円
  • 工事費は30ヶ月に渡って請求
  • 退去後の光コンセント撤去に1,0000円請求
  • 解約後引き込み設備の撤去費用28,800円を請求、撤去できない時は維持費を請求

あー。マジ面倒くさい。

絶対契約しない。

↑↑こういうのが、少ないサービスを紹介していきます。

個人的におすすめするインターネット会社

それにしても、最近は手軽なサービスって少なくなってきていますよね。

その中でも、心因的・経済的な負担が少ないサービスを契約することが個人的にはいいなと思います。

 

契約後に営業の電話がよくかかってきたり、保守と言いながら自宅にやってきて営業したりと面倒なことも多いですからね。

ジンボ
ジンボ
面倒な会社はホント嫌

UQ WiMAX(ユーキューワイマックス)


UQ WiMAXは、KDDIグループのUQコミュニケーションズが提供するサービスです。

WiMAXは色々な会社からサービス提供されておりお得な会社もありますが、解約時の条件が複雑な場合もあるので、個人的には本家本元サービスをおすすめします。

Youtubeの説明通りなのですが、申し込んで手元に到着した段階ですぐに使える手軽さが素晴らしい。通信速度も速く設置工事不要で、次回の引越し時に簡単に移設できる点では手軽さNO1です。

設置工事が無いので、女性の一人暮らしで業者を自宅に入れるのが不安な人には良いですね。

料金プランは、基本的には使い放題のUQ Flatツープラスギガ放題(3年)で良いと思います。LTE非対応機を契約した場合は、UQ Flatツープラスギガ放題(2年)年がベスト。

月額料金が4380円なので、ひかりマンションタイプとほぼ同等です。

プランによって26ヶ月目ないし38ヶ月目以外の月に解除料が発生しますが、発生するのは一回限りです。

WiMAXの注意点として、月間7GB以上LTE回線でデータ通信をしてしまうと、月末までWiMAX回線も速度制限されてしまいます。

WiMAXの電波が使用場所で問題なく入るようなら、あらかじめLTE回線は使わないモードでの運用をおすすめします。

auスマホを持っている人は、auショップでスマートバリューmineを登録すると500円~1,000円安くなるので、忘れずに登録しよう。



Yahoo!BB(ADSL)

Yahoo!BB_ADSL

Yahoo! BB ADSLはアナログ固定回線を使用したインターネットサービスです。

アナログ回線ってなによ?!

という人も多いかと思いますが、アナログ回線は2024年1月からIP網への移行を開始し、2025年1月にサービス終了予定となっています。

今後は、ひかり回線やCATV網に代替されていく運命となっています。

ジンボ
ジンボ
まだ契約できるなら安いので使っていきたい!

という事で、我が家は未だにYahoo! BB ADSLを使っています(笑)

なんで使っているのかと言うと、、、

  • NTTアナログ回線料金と合わせて4,000円弱で済んでいる
  • 自宅がNTT局舎に近いので、データ通信速度がそこそこ速い
  • 万が一の解約の場合も、それほど後腐れない

BNRスピードテスト結果

下りデータ通信速度でも6Mbpsも出ていればYoutubeもDAZNも問題なく視聴することができます。

自宅の固定回線を持っていると、バリュープラン(12M)が1,800円で契約できてしまうので、めちゃめちゃ安い。自宅に固定回線を持っていない場合でも、バリュープラン(12M)が3,393円で安い。

ソフトバンクスマホとのセット割で、スマホ代金がさらに毎月1,080円値引きされます。

 

ADSLの欠点として、NTT局舎との距離に応じてデータ通信速度が遅くなっていくので、確認してから検討をしよう。

NTT局舎からの距離は、線路情報開示システム(東日本)線路情報開示システム(西日本)で確認が可能です。

使い方は、ログインボタンを押して、自宅近くのお店の番号辺りを入力するとNTT局舎からの距離と伝送損失が確認できます。伝送損失がわかれば、大体のデータ通信速度の期待値がわかるので参考にしよう。

とにかく安いのが魅力的です。



SoftBank Air

softbankair

SoftBank Airは設置工事が無く、電源に接続すればその日からすぐに使える点ではUQ WiMAX同様に手軽なインターネット回線です。

設置工事が無いので、こちらの商品も女性の一人暮らしで業者を自宅に入れるのが不安な人も、安心して契約できますね。

ソフトバンクスマホとのセットで24ヶ月1,080円引きになるので、2年間3,800円で利用することができます。

SoftBank Airは、ソフトバンクスマホと一括請求にできるので、利用料の管理がしやすいですね。



さいごに

本来であれば、各社のひかりやCATVなどが安定したサービスを提供しているのですが、初期工事費であったり解約時の費用であったりと面倒な事が多いのが現状です。

また、契約後に営業電話も結構あったり・・・

設置工事なし、解約後の費用もある程度明確、契約後の営業もほとんど無しという視点で考えた場合、今回紹介したサービスが良いかなぁ…という印象です。

自分のスタイルにあうインターネット環境を見つけたいですね。

それでは、また!