インスタグラム(Instagram)から英語のメールが届いた

2018年4月27日

インスタグラム

ジンボ(@jinbo55)です。

嫁さんからこれは迷惑メールか?と質問があったので内容を見せてもらったのですが、、、

ジンボ
ジンボ
英語で何書いてあるかわからないよ~(´;ω;`)

という事で、内容を確認してみました。

メールにはなんて書いてあるの?

Please take a moment to review some changes to our Terms and Data Policy. Let us know if you agree to them to continue using Instagram.

Updates to Our Terms and Data Policy

Your Instagram experience isn’t changing, and you still own your photos and videos. We are giving you better ways to access your data and understand how it’s used.

Instagram has been a part of Facebook since 2012, and we’re making some corporate changes. Going forward, our terms will reflect that Facebook Inc. is responsible for Instagram. The Instagram app and the way we process data are not changing.

Our Terms are now more clear about the service we provide, and what we expect from every member of our community to keep Instagram a safe place for everyone. Here are some updates we want to make sure you know about:
We updated our intellectual property licenses, but your rights aren’t changing. You still own your photos and videos.

We updated how we use information to show activity on Instagram, so people can see when you’ve interacted with an ad the same way we do on a regular post.
We also have a new Data Policy that explains how data is collected, shared and used in the Facebook Products, including Instagram. The policy addresses newer features like stories, direct messaging, activity status and the creative tools in our cameras. We wanted to make sure you knew about this new information in the policy.
We receive different kinds of information from your device, like how you tap and scroll, which can help distinguish humans from bots and detect fraud.

We can use and share information for research, especially in ways that help us keep our community safe on Instagram, like to understand and prevent bullying and harassment.

The policy has more information about what we collect from your activity and our partners, how we connect information across the Facebook Companies and personalize your experience, including ads.

We provide ads without telling advertisers who you are. The policy has more information about what we do share with advertisers and partners. We never sell your data.

Because the policy also covers Facebook, it includes information about facial recognition. We don’t use facial recognition technology on Instagram. If we introduce it, we’ll let you know and give you a choice.

 

はい。なんて書いてあるのか、わかりません\(^o^)/

 

google先生に聞いてみました。

Googleの利用規約とデータポリシーの変更点をご確認ください。 Instagramの使用を継続することに同意する場合は、お知らせください。

利用規約とデータポリシーの更新

あなたのInstagram体験は変化しておらず、あなたはまだあなたの写真やビデオを所有しています。 私たちはあなたのデータにアクセスし、その使い方を理解するためのより良い方法を提供しています。

Instagramは2012年以来Facebookの一員となっており、いくつかの企業変更を行っています。 今後は、Facebook Inc.がInstagramを担当していることを当社の規約に反映させていただきます。 Instagramアプリとデータを処理する方法は変わりません。

私たちの条件は、私たちが提供するサービス、そしてInstagramを誰にとっても安全な場所にするためにコミュニティのすべてのメンバーが期待していることをより明確にしました。 ここでは、あなたが知っていることを確認したいいくつかの更新情報です

このメールは、インスタグラムから来ているメールで間違いないです。

インスタグラムは2012年にFacebookに買収されていますので、その旨を規約に記載しますという事ですね。

ユーザーが投稿したデータの取扱いに関しては従来どおりという認識で大丈夫みたいです。

 

私たちは知的財産権のライセンスを更新しましたが、あなたの権利は変わりません。 あなたはまだあなたの写真とビデオを所有しています。

Instagramのアクティビティを表示するために情報をどのように使用するかを更新したので、定期的な投稿と同じように広告とのやりとりを見ることができます。

Instagramを含むFacebook製品でのデータの収集、共有、使用方法を説明する新しいデータポリシーもあります。 このポリシーでは、ストーリー、ダイレクトメッセージ、アクティビティのステータス、カメラの創造的ツールなどの新しい機能を扱います。 ポリシーでこの新しい情報を知っていることを確認したかったのです。

私たちはあなたのデバイスから、タップやスクロールのようなさまざまな情報を受け取り、人間をボットと区別して詐欺を検出するのに役立ちます。

私たちは研究のために、特に、Instagramでコミュニティを安全に保ち、いじめや嫌がらせを理解し、防止するのに役立つ方法で、情報を使用して共有することができます。

このポリシーには、お客様の活動やパートナーから収集した情報、Facebookの企業間での情報のやりとり方法、広告を含む自分の経験をパーソナライズする方法に関する情報があります。

あなたの広告主様に広告を表示せずに広告を提供します。 このポリシーには、広告主やパートナーと何を共有するかについての詳細情報があります。 私たちはあなたのデータを決して販売しません。

このポリシーはFacebookにも適用されるため、顔認識に関する情報が含まれています。 Instagramでは顔認識技術を使用していません。 ご紹介いただければ、お知らせします。

先日、Facebookが個人情報を第三者へ販売していた事を認めたニュースがでていました。

基本的にはユーザーの投稿や行動によるターゲット広告やユーザーデータ販売です。

個人情報等の取扱い基準をFacebookと同じにする事が、今回のプライバシポリシー変更のポイントです。

将来的にFacebookと同じ様にターゲット広告やユーザーデータ販売をするための下地作りと考えてください。

結局どうすればいいの?

引き続きインスタグラムを利用するには、新しいプライバシポリシーに同意する必要がありますので、特段気にする必要はありません。

メール本文一番下にある、

インスタグラムagree

Agree(同意する)を押せば対応終了です。

まとめ

便利なサービスが無料で提供し続ける事は、この世の中ありません。サーバー代も発生するし、大規模なデータセンターを運用すると運用費が必ず発生します。

収益を発生させるためには、ユーザーに月額費用を払ってもらうか、広告掲載をして広告主から広告費を徴収するかの二択です。

広告はターゲットを絞って見てもらった方がより効果があるため、ユーザーの投稿内容を分析して、一人ひとりにあった広告を表示するのです。

プライバシーポリシーの変更は、個人情報・ユーザーの志向や生活環境など、WEBサービスを通じて得られるデータを活用(広告表示や販売、データ所有権移転)していくための行動なのです。

それでは、また!