Google Analyticsで自分のアクセスを除外する(カウントしない)方法

2018年9月3日

自分のアクセスを除外する

ブログ開設から1年8ヶ月。

世の中にはすごい人が一杯いる中で、まだまだ結果が出せておらず、行動量の足りなさを痛感する初心者のジンボ(@jinbo55)です。

今でもそうなのですが、ブログ開設した時って自分のブログにアクセスして

変な文章になっていないか?

きちんと表示されているか?

など、ついつい確認しちゃいますよね。

Analyticsを確認したら”10アクセス”とか表示されて一瞬テンション上がるのですが、冷静に考えてみると

ジンボ
ジンボ
あ、これは僕のアクセスじゃないか…

と、悟って虚しくなったりしませんか?(あるある)

アクセス数が増えてくると気にしなくて良いと思いますが、最初の頃は自分のアクセスは除外したいですよね。

今日は、そんな悩みを解決する方法を共有していきます。

パソコンは、Googleアナリティクスオプトアウトアドオンをインストールする

GoogleanAlyticsオプトアウトアドオン

パソコンでは、Googleアナリティクスオプトアウトアドオンをインストールします。

Googleアナリティクスオプトアウトアドオンは、下記のブラウザーで使用可能です。

  • Chrome
  • Internet Explorer11
  • Safari
  • Firefox
  • Opera

Internet Explorer11では、サードパーティCookieを有効にしてください。

インストール後は意識することなく、自分のアクセスを除外する事ができます。

iPhone/Androidスマートフォンは、Firefox Focusを使用する

firefoxfocus

スマートフォンはFirefox Focusというブラウザーを使用すると、自分のアクセスを除外する事ができます。(iPhoneAndroid

 

Firefox Foucus設定

画面はiPhoneアプリの場合です。

Androidは若干表現が異なりますが、同じ設定内容です。

アプリ右上の設定から

  • アクセス解析をブロック
  • ソーシャル追跡をブロック

この2つをオンにして設定は終了です。

Firefox Focusにて自分のブログを確認すれば、アクセスは除外されます。

  • 追跡広告をブロック

を設定してしまうと、広告をブロックしてしまいます。広告の配置が確認できないので注意してくださいね。

iPhoneの注意点

Safariと統合するとSafariでブラウジングした際に同じ動きをします。

他の人のブログもアクセスを除外しますので注意が必要です。

Safariと統合した場合は、別途以下の設定が必要です。

設定 → Safri → コンテンツブロッカー → 設定をオン

このアプリ、元々はブラウザに履歴を残さない事を趣旨としたアプリなので、ブックマーク等の機能が実装されていません。僕は自分のブログを確認する時だけSafariと統合の設定をしています。

さいごに

ブログ開設当初に自分のアクセスを除外する事は、正確なアクセス数を把握する上で非常に大切です。

しかしアクセスを除外している事を忘れてしまうと、他の人のブログを見たりした際にデメリットが出てきます。

ブログ作業用のブラウザーと普段使いのブラウザーを使い分けるなどして、上手に使って貰えたらと思います。

一番良いのは、自分のアクセス数すら気ならないくらいのPV数になるのが一番ですけどね(^^;

それでは、また!