iTunesを使ってiPhoneのバックアップを取ろうとしたら、5台以上のコンピューターを認証することはできませんと言われた

2017年10月15日

仕事用のノートパソコンを貸与されたので、iTunesをインストールしてバックアップを取ろうとしたら”5台以上のコンピュータを認証することはできません”と怒られてしまいました。

試行錯誤していたら、1台目のパソコンとして認識させる事ができましたので軌跡を記しておきます。同じ境遇で困っている方のお役に立てたら幸いです。

このメッセージが出る原因

iPhone 4Sからスマートフォンを使用していますが、ずっと同じAPPLE IDを使用しています。本体の機種変更とともにバックアップで使用していた母艦パソコンも買い替えたりで、結果的に複数台のパソコンで接続・バックアップをしていました。

そしてついに5台以上のパソコンで接続してしまったようです。

今までのパソコンの認証を解除すればOK

せっかく購入したアプリや音楽をバックアップ出来ないのは困るので、色々といじり倒した結果、今までの認証を解除して1台目のパソコンとして認証すれば良いことがわかりました。

解除のやり方

では、さっそく解除しましょう。

まずはiTunesのアカウントの中にサインイン(S)がありますのでクリック。

APPLE IDとパスワードを使用してサインイン(ログイン)します。

サインイン後に、アカウントタブを開くと名前とAPPLE IDが表示されます。その直下にあるマイアカウントを表示(V)をクリックします。

アカウント情報の中に”APPLE IDの概要”が表示されていますので、コンピュータの認証欄の右側にあるすべて認証解除をクリックします。

それぞれ認証されている内容が表示されますので、解除をクリックして最後に完了を押します。

完了したら、改めてバックアップを作成します。

まとめ

iPhoneの機種変更、パソコンの買い替え等で認証PC数が増えてしまったのは盲点でした。バックアップを作成しておかないと不測の事態にも対応できず、悲しい思いをします。特に僕の場合は、1Passwordに課金してしまって管理を依存していますので死活問題です。

iPhoneを使っている方は、必ずパソコンでバックアップを作成してくださいね!

The following two tabs change content below.
ジンボ

ジンボ

絶賛反抗期中の小学6年生の息子を育てる、お疲れ気味の会社員です。40代突入とともに、毎日気分良く働き、ゴキゲンで過ごすにはどうしたらいいのか?を探しに人生の冒険に旅立ちました。今まで触れることのなかった世界へどんどん飛び込んで行きます!将来的にはセミリタイアしてのんびり暮らしたい脱力系。